読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おしゃくその鎮西一の無駄話

主に戦国大戦TCGです。どこまで続くのか。

戦国大戦TCG5弾レビュー雑感

勢力別はまたやりますがパッと見た感想。

 

全体的にカード1枚で完結してて強いなーってカードは少なめです。

デッキ単位にして強いカードが多いって感じ。

 

蒼と翠は特に、合戦パック以前の武将と同名が多い&合戦パック以前の武将の方が単体で完結している気がしてますが、あてになりません。

 

紅が抜けてる気がしないでも無い。

 

新星について

【新星】({メイン}:自分の手札から、自身と同一のカードを新星カードとして自身の上に重ねてもよい。同一カードが重なっている間、自身は新星発動中となり、自身の武力は自身の新星カードの枚数×500上昇する)

 

バウンスくらっても、だいたいの新星武将が新星発動時効果が再度使える、三国志の覚醒と違い、新星の特技で重ねた枚数武力が上がるので使いやすそう。

紅と翠には新星サポート武将もしっかりいるので、デッキとしてしっかり成立しそう。

 

蒼は既存のデッキアウトに入れる感じかな。

 

 

布陣カードについて

三国志の兵隊サイクルが強かったんだなーって感じの調整具合。

国力枠の概念が薄い戦国大戦TCGで国力にしか置けないカードにどこまで枠割けるのだろうか。

UCの布陣カードが後攻時に国力配備で効果がある。

R以上はメイン疲弊(+国力支払い)で様々な効果が出る。

国力が余りだす頃に1枚くらい置けてると良い感じじゃないかな。

 

 

まとめ

武家単に寄せて組んでね。

ってメッセージが色濃い弾になってますね。

デッキビルド力の見せ所。